FC2ブログ
2014/09/10

ヤフーショッピングへの集客方法はどれだけ把握されていますか?

お疲れ様です。

ヤフーショッピングに限らず、ネット通販全般に言えることですが、
WEBサイトへの集客方法、誘導経路は多種多様です。

例えば、ヤフーショッピングであれば、
検索結果からの集客というとてもボリュームの多い誘導経路がありますが、
もちろん、それだけではありません。

これまでもそうでしたが、
EC革命以降、出店ストア数や出品商品が増えた影響で
一つの誘導経路だけではあっという間に他社にシェアを奪われてしまうことが多くなったことからも
幅広い集客経路への対策、対応が求められています。


今回は、数ある集客方法の中から、
一つご提案です。



GoogleやYahoo!JAPANなどの「画像検索」
画像検索は意識されていますか?




特に、ファッションやインテリアなど、
見た目やデザイン重視で探される場合
お客様は画像から探されることも多いです。


また、あれなんていうのかなぁ?
というように商品名がよくわからないような商品を探される際にも
画像検索は使われます。


もしそこに、御社商品がピタッと紹介されたら
お客様は興味を持って御社ストアへ来店してくれるでしょう。



画像検索での集客対策において意識すべき点は2つ

一つは、画像を画像検索へ表示させること
もう一つは、どのように表示されるか意識して
クリックされやすい画像にすること

が挙げられます。



画像検索にヒットさせるために対策方法は
具体的には弊社クライアント様へ個別にご提案させて頂いていますが
検索対象項目にどのようなキーワードを入れるかしっかりと考えることが必要です。

例えば、最初からビッグワードのみでは太刀打ちできませんので
ビッグワード+◯◯といったような、関連検索キーワードを盛り込むことが重要です。

季節商品などこれから需要が見込めるキーワードなどあれば
早めに対応することが大事です。


関連検索キーワードのかんたん調査は
下記のツールをご活用ください。
関連検索キーワード一括調査ツール
http://argonauts-web.com/service/yahoo/kanrenkeyword/index.html



もう一つは、どのように画像が表示されるか意識することです。

画像検索ではまず、サムネイルといって
小さく縮小された画像が一覧表示されます。


この画像でいかにクリックしてもらえるかがポイントです。
例えば、見やすくすること
大きな画像では綺麗に見ても
サムネイルのように小さく表示される場合に
ごちゃごちゃしてしまってはいないか。

あるいは他の画像と差別化すること
全体的に同色の画像が並んだ場合。
埋もれてしまいがちです。

実はこの場合、お客様もどの画像をクリックしようか迷ってしまいます。
逆に目立つ商品があれば、まずはそれから見てもらえることも多いです。

可能であれば、意図的にワンポイント異なる色を入れた
商品画像にするという方法も有ります。



また、今度は上位表示されると
競合他社に画像を勝手に流用される恐れも出てきます。

そうならないように、画像に御社ストア名など、御社であることの署名も入れましょう。
画像がサムネイルで表示された場合にも御社ストア名が表示されることで
ブランド力アップにもつながります。


商品画像に一括で文字や写真を入れるサービスもございますので
こちらもぜひご活用ください。
商品画像一括加工サービス
http://argonauts-web.com/service/imageprocessing/index.html



まずは、自社の商品に関する
主要なキーワードで画像検索をしてみましょう!


今回は画像検索からの集客についてですが、
集客方法はまだまだたくさんあります。
ぜひともご相談ください。

それでは頑張っていきましょう!
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント