FC2ブログ
2013/03/12

爆買いの日 と楽天スーパーセールの先にあるものは

お疲れ様です。
ふと気がつくと、ここ最近…
爆買いの日や、楽天スーパーセールなど激安超特価!ポイントつきまくり!イベントが
珍しい貴重なイベントではなく、当たり前のイベントになりつつあるように感じます。

こういったイベントを行うことは
購買意欲を刺激する、良い施策でもあるのですが、
これが恒常化してしまうと、様々な弊害が出てくることが考えられます。


「○○が9円!超特価!」

この売り方どこかで見たような…と
どこか、一昔前の家電量販店チラシに似ているなぁと感じました。


そういえば、私も昔、期待に胸膨らませて
チラシ片手に、お店にいったり、
行列に並んだりした記憶があります。


ですが、当然のごとく
9円のテレビは買えず、落胆し、
とぼとぼ帰った記憶があります。


大きな期待の後に待っているものは
大きな失望です。

超特価品で集客をするということは
一時的に熱狂的な集客を行い、購買意欲を掻き立てることができます。
しかし、ごく少数の限られた人だけが喜ぶことになり、それ以上の落胆を生むことでしょう。

本当にうまくやらないとそれだけリスクも大きくなり
長期的にはデメリットに転じやすくなります。


楽天スーパーセールも
ポイント最大65倍!

とこれだけみると
「うぉ!すげぇ!」となりますが、
実際に65倍にするためには、
数多くの関門を突破せねばならず、最大値への到達はほぼ無理です。

まるで絵に描いた餅です。


やはりこれも大きな期待の後に悪い印象を与えてしまい
品位を落とし、客離れを起こす要因になりかねません



運営するストア様側にとっても、
負担はどんどん大きくなります。

競合がやるならうちもやらねば
値下げ合戦、ポイント倍付けの応酬となり
スタミナの削り合いです。


ニュースレターの配信など
イベントにあわせた準備もやはり
負担が多くなります。


このような超特価!
目玉イベントの開催は歓迎なのですが、

年に1.2回程度の
忘れた頃にやってくるお楽しみイベントぐらいにして

基本はEDLPで多くの方が幸せになる
方向に向かっていったほうが長く繁栄するのではないかと考えます。


私達もネット通販の魅力を良い印象を多くの人に伝えられるよう
がんばっていきたいと思います。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント