FC2ブログ
2012/07/10

クライアント様から頂いたお中元に感謝&感動

お疲れ様です。
お中元の季節ですね!

日本にはお中元という素敵な文化があって
とても嬉しいことにアルゴノーツにもクライアント様から
素敵な贈り物を頂いております。
(本来は私どもから真っ先にお贈りさせていただくべきなのですが…)

美味しい贈り物を頂いて、舌やお腹が幸せになるのはもちろんのこと
なんといってもそのお心遣いが感涙モノでして…

思い上がりも甚だしいですが、
そのお気持ちが
「必要としてくださる」、「仲間として認めてくださっている」ことが
伝わってきて…本当にお気持ちだけで涙します。

今後もお心遣いにお応えできるよう一層の努力に励みたいと強く決意しました。


さて、青かった時にはそれほど気にしていなかった
お中元という文化、なかなか素晴らしいものだと感じています。

親の世代、人によっては祖父母の世代かもしれませんが
お盆や暮れに里帰りすると山のような(というのは大げさですが)
贈っていただいたギフトを目にします。

凄いなぁと感心すると同時に
それだけ多くの人にも贈っているのだと気づきました。
支えあっているというか
多くのご縁を目にした気分でした。

ありがとうを伝えることができる人が
たくさんいるのは素晴らしいことです。


お中元、お歳暮、お年賀(年賀状)など
景気先行きが不透明な今
できるだけ出費は抑えたいということからも
なかなか贈ることは難しくなっていますが

特にITの進歩で容易にメッセージを伝えることができるようになった今日
感謝の気持ちをカタチで届けるということは
言葉で伝える以上のものがあると感じます。


多くの人に「感謝」を伝えられるよう
今後も一層の努力に励みたいと思います。


それでは失礼します。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント