FC2ブログ
2012/05/25

Amazonを目指すべきか

お疲れ様です。

今やネット通販の巨人Amazon

10年くらい前は
「品揃えの豊富な本屋さん」ぐらいの認識だったのが
今や「なんでも安い店」衣類まで売っています。

Amazonの成長はネット通販に携わる人間としても
目を背けることはできません。

私どもにもAmazonのようにすれば売れるか?というお問い合わせを頂くこともあります。

確かにAmazonから学ぶことは多いですが、
特にヤフーショッピングや楽天市場のようなショッピングモールに出店している場合は
ただ、真似をすれば良いというわけでもありません。


真似したいポイントは
商品数の多さです。
最初は専門店のラインナップでも良いのですが、
軌道に乗り始めたら新たな分野の商品を開拓していく必要があります。
お店の成長には商品ラインナップの拡充が必要不可欠です。


対して真似すれば良いというものではないのが
あのシンプルなデザインです。

確かにAmazon慣れしているユーザーにとっては
あれだけシンプルなユーザーインターフェースのほうが
好印象を持ってもらえるかもしれませんが、
あれは、ユーザーの行動履歴にあわせて
最適な商品をレコメンドできる機能が備わっているからできる芸当であり、
ただ、「シンプルにしました」ではあまり意味をなさない場合があります。

Amazonに無い強みに
力を入れるとすれば、顧客対応ではないかと考えています。

Amazonの顧客対応が悪いというわけではありませんが
良くも悪くも合理的です。

ショッピングモールでは、もっと人間臭さを出すことが出来ます
そこに、強みを見出すことが出来ます。

事実、私どものクライアント様の多くは
検索対策をご利用いただき、集客につなげ
親切で細やかな顧客対応でリピーターを増やし、
売上アップにつなげておられます。

ここにAmazonに負けない強みを打ち出すことができると
考えております。

先駆者の良いとこは真似すべきですが
無理に追いつくことをせずとも
独自性を育てることで、有利にすることも可能です。


その顧客対応が一番の難問かもしれませんが(汗)

以上
それでは失礼します。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント