FC2ブログ
2012/04/04

春の嵐に思うこと

お疲れ様です。
秋山です。

昨日から本日にかけて、異常とも言える大荒れの天気に
日本中が大きな被害を受けました。

被害に合われた方々には心よりお見舞い申し上げます。

都心では
昨年の震災で学んだことを活かし
帰宅困難などの混乱が少なかったというのです。

もちろん、いきなり起こる地震と
今回のように予めある程度予測ができる
災害では、状況が異なる部分もありますが

災害への意識や備えが高まっていることが伺えます。


ここに日本人の力というか
強さを感じます。

日本人の強さは
創意工夫と応用力にあると考えています。

四季折々の美しい自然を持つ日本では
その反面古来より、多くの自然災害に見舞われてきました。

被害に合うたび
それならこうしよう


創意工夫と
不屈の精神が培われてきたのではないかと思います。

乗り越えた困難の数だけ色々な知識や技術が生まれている
そう感じます。


そんな日本が
そんな日本人が私は大好きです。



さて、
相次ぐ自然災害を

「やりたい放題の人間に対する警鐘」と考えるか
「周期的に起こる自然の変動」と考えるか
意見は様々だと思いますが

今まで以上に備えが必要であることは間違いないでしょう。


災害への対策の一つに
働き方を変えるという方法もあります。

アルゴノーツのビジネススタイルも
一つご参考にしていただければ幸いでございます。
http://argonauts-web.com/about/hitaimen

以上
秋山でした。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント