FC2ブログ
2011/10/07

時代の節目に立ち会っている

お疲れ様です。
秋山です。

iPhone4Sが出ましたねぇ
うーん微妙ですねぇ

なんてことを話題にしようと思っていたら
その翌日、非常に残念な知らせがやって来ました。

そうApple前代表 スティーブ・ジョブズ氏の訃報です。

スティーブ・ジョブズ氏は
この時代に最も影響力のある経営者だったのではないかと思っています。

スティーブ・ジョブズ氏を知らなくても
iPhone iPodを知らない人はほとんどいないでしょう。
トイ・ストーリーのPixarを作った人とも知れば更に驚きだと思います。


本などで読んだものばかりですが、
彼から学んだこと、私が影響を受けたことはたくさんありますが
一番大きいのは
「とことんこだわりを持つ」ことです。

Apple製品の魅力の一つに美しいデザインがあります。

新商品が出るたびに革新的なデザインを生み出し
後発の製品に大きな影響を与えてきました。

でも、実は美しいのは外見だけではなく、
ハード的な中身も美しいのです。

根っからのMacユーザーではないので
あまり知らなかったのですが
一度Power Mac G5のハードディスクを交換するために
中身を開けたときに驚きました。

とてもすっきりしていて
とにかく美しいのです。



こんな逸話を本で読んだことがあります。
開発中の製品をみたジョブズは
「ダメだ。基板配列が美しくない」

そう言われたエンジニアは
「そうは言っても、こんなところ誰も見ませんよ」
と、

しかしジョブズは
「いや、俺が見る」



妥協のない確固たるこだわりの積み重ねが
人々を魅力させる製品を生み出すことができる。

やらなくてもよいことだけれど
まだ改善できることは改善を続ける
ことの大事さを学んだような気がします。






ビジネスにおいて
費用対効果は非常に重視されます。
もちろんそれは当然です。
利益の無いことに時間をかける余裕はなかなかありませんし、
ささっとやってガガっと利益があるほうがいいに決まっています。


しかしその反面、合理的すぎて魅力の無い製品やサービスが創出されにくくなっている
とも感じています。


こんな時代だから
コストパフォーマンスの高い仕事をしつつ
こだわりのあるサービスや製品が作れるよう常に努力を続けていかなければなりません。




今年は本当にいろいろなことがあり
目が回りそうですね…

改めてご冥福をお祈りいたします。

以上
秋山でした。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント