FC2ブログ
2011/04/16

ネットショッピングに需要がシフトしてきた?

お疲れ様です。
秋山です。

震災以降大きな変化を余儀なくされた
お買い物需要ですが
ネットショッピングの需要は伸びてきた?
傾向を感じています。

もちろん商品的な需要は大きく転換し
今までとは売れる商品が異なっています。

ネットショッピングにシフトしてきた
傾向として考えられるポイントがいくつかあります。


一つは電力不足による
リアル店の営業時間の変化です。

電力不足のために営業時間が切り上げられ
早く閉まってしまうので買いに行けないため

また、物流の停滞により
お店に行ってもモノが無い
(あるいはモノが無いんじゃないかというイメージによりお店まで足が伸びない)
ということも考えられます。



もう一つは外出を控える傾向にあるからと考えています。
先の通り電力不足で街やお店の明かりが暗くなっているため
外出を控える傾向にあります。

また相次ぐ余震も影響します。
いつ起こるかわからないのでできるだけ安全なところにいたいという
心理が働きます。

更に原発事故が発生し
なんだかわからないけど(わからないから)外出はやめておこう


それでも必要なものは買わないと行けないので
家で注文できるネットショッピングに需要が傾いている
と考えられます。

変化する需要に対応できる
お店づくりがとても重要です。


ところで
復興増税が話題になっていますが…

どこかで聞いたような文句を拝借すると
個人的に「ただちに」増税は反対です。

復興にお金が必要なのはわかりますが
この状態で巻きあげたら購買マインドが更に低下して
より一層景気が悪くなります。

逆です、補助金や控除などで
少なくとも1~2年くらいはお金を使いたくなる
状況にすべきです。

「ただちに」反対なのは
予算としてではなく、経費として徴収してほしいこと

「まあたぶん○兆円ぐらい必要なんじゃない?だから増税するよ」
ではなく

「これだけ使ったから必要なんです。その分増税するよ」
それならまだ納得できます。


ただでさえ暗いムードなので
それを払拭するためには思い切った
逆転の発想も必要ではないかと思います。


以上
秋山でした。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント