FC2ブログ
2011/04/01

前向きに一生懸命やる

お疲れ様です。
秋山です。


総理会見を聞いていていつも思うこと

「危機的状況にあるけれど大丈夫
きっと復興できます」

というようなことは良く聞くのだけれど
どうやって
というのを聞いた覚えがない。


確かに国の力に頼らなければならないことはたくさんあるけれども

何でもかんでも国にやってもらうという姿勢ではよくない。
国を作っているのは私たちなので私たちが協力すること
一つの方向に向かって進んでいかなければならない。
私たちがやるという意識を持たなければならないと思う。


今直面している問題は何か
それを打開するためにはこの施策を行い
全力で取り組んでいく必要があると
全体の向かっていく方向性を示し、

だから国民もこれをやらなければいけないし
必要なことを全力でバックアップする
という姿勢が必要。


確かに、明確なビジョンを持って具体的なことを言うのは
そんな簡単なことではないけれど

こんな時だからこそ
しっかりとした指針を示さないと
「冷静に対応を」なんて言われても
どうしたらいいの?というなってしまうと思います。



個人的に日本がすべきはことは見えていると思います。


中・長期的にみれば
ソーラーなど次世代エネルギーへのシフト
家電をはじめ電気機器の省エネルギー化
スマートグリッドのようなエネルギー網の最適化の実用化

今回の事故で極めて原子力がハイリスクな
エネルギー源であるということは
多くの人が知ることとなりました。


だからこそ次世代エネルギーと省エネに関する
技術力を高め世界を牽引する必要があります。

ですが、すぐに原発から脱却できないのも事実

なので、原子力の安全性を高める技術
可能なかぎり原子力をコントロール技術
これも必要とされる技術です。


短期的に

これは身近な例になりますが
既にある省エネ商品
例えばLED電球などの積極利用
また販売促進。
(今こそエコポイントが必要な気がします)


アルゴノーツが推進している
WEBサービスの発展
特に電子商取引が活性化することも
省エネルギーになると考えています。
http://argonauts-web.com/about/index.html


そして個々が何よりも一生懸命働いて
日本経済を回していくということ
これが一番大事だと思います。


非常に大変な局面を迎えていますが
それでもがんばっていかないといけません。
新年度も常に前向きに取り組んでいければと思います。
がんばりましょう!


以上
秋山でした。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント