FC2ブログ
2011/02/09

安かろう悪かろうはなるべく売りたくない 

お疲れ様です。
秋山です。


ネットショップで
手っ取り早く売り上げを伸ばす方法の一つとして
激安販売
があります。

多くの人は安いものが大好きです。
もちろん私もその一人

Amazonが売れるのも
価格比較サイトが人気なのもごもっともです。


ただ、
安くてそれなりに良いモノはあっても
安くてめちゃくちゃ良いモノはほとんどありません。

それどころ
思ったより使えないモノのほうが多いかもしれません。
当然、安いということにはリスクもつきものなのです。


安さも強みにしているアルゴノーツがいうのもアレですが(笑)
もちろん弱点もあります。

アルゴノーツの弱点は
ネットベースのコミュニケーションなので不安
ということですね。

どうしても直接お会いしてご提案をご希望される場合は
あまり向かないサービスかもしれません。

もちろんそれ以外はどこにも負けないサービスを
目指しているので自信があります。


さて、話をネットショップに戻して…

価格は売り上げを伸ばすための重要な要因ですが
大量に仕入れた品質の悪いものを
捨て値で売ることはあまりお勧めしていません。

確かに一時的に集客効果もあり
売り上げにつながるかもしれません。


問題は売った後
品質の悪いものは大抵なんらかの不具合が発生します。

当然返品対応など余計な手間が発生します。

返品対応が多ければ多いほど
高品質な対応、サービスを維持することが難しくなります。

少しでも、対応に不満を持たれてしまうと
リピーターにはつながりません。

また、特に返品など無くても
商品に満足してもらえなければ、
あまり良いものは売っていないお店というイメージになってしまい
これもリピーターにつながりにくくなります。


お店のコンセプトが
そういった商品をメインに扱っているなら
良いかもしれませんが、
安く売るために品質の悪いものを売ることは避けたいところですね。


もし、価格で攻めるなら
一番自信のある商品が良いです。

もちろんアルゴノーツもそれを実践してます。

理由は・・・
長くなってしまったので
また今度で失礼します


以上
秋山でした。




スポンサーサイト



コメント

非公開コメント