FC2ブログ
2011/02/08

仮想化がぐっと身近になってきた

お疲れ様です
秋山です。

Windows7に移行してから
Windows XP Modeにちょくちょくお世話になって思うようになったのですが

ここのところ
パソコンまわりの仮想化がぐっと一般レベルまで
身近なものになってきた気がします。


Windows7のWindows XP Modeは
Windows XP Modeは一つのアプリケーションとして
動いていますが
Windows Virtual PC上で
仮想OSとして動いています。

アンチウィルスソフトの
カスペルスキーなんかも
仮想ブラウザや
仮想デスクトップの機能があって
セキュリティ面でも安心して使えますね。

個人的に仮想化のメリットは
バックアップの容易さ

ネットショップ構築に関して言えば
様々な環境をテストできることかなぁと思います。
WindowsXPのIE6とか
仮想環境なら簡単に再現出来ます。


特にバックアップの容易さは魅力的
万が一、ウィルスにやられたときでも
仮想ハードディスクのコピーを取っておけば
すぐに復元できます。


パーソナルレベルよりも
ネットワークでみるともっと便利になりますよね

例えば
ネットワーク上に仮想OSをいれた
仮想ハードディスクをおいておけば

ネットワーク上のパソコンなら
どのパソコンを使っても同じ環境を再現できます。

自分のデスクから
わざわざ会議室にパソコンを持っていかなくても
よくなります。

パソコン本体が(ハード的に)ぶっ壊れても
隣の人のパソコンを借りて今まで通り仕事ができます。

詳しい人に
パソコンの設定みてもらいたいとき
いちいち自分のパソコンの前に来てもらう必要はありません。


うーん
すごいなぁ

実際、既に導入されている企業もあるようで
これが当たり前になっていくんだろうなぁ
なんて思っています。

以上
秋山でした。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント