FC2ブログ
2010/10/19

福島 浄土平へ

お疲れ様です。
秋山です。

久しぶりの旅ネタです。
季節は秋、そろそろ紅葉を見ても良い時期
なんではないかと
ちょっくら日帰りで福島は浄土平まで行ってまいりました。

10101901.jpg


標高1600m~1700mの
山は現在も活動中、
フゴーという音とともに、
火山ガスをシューシュー放出していました。

いやぁ、硫黄のニオイがすごかったです。

浄土平は
紅葉というよりは
荒涼としておりまして・・・

登る途中にたくさんの紅葉を楽しむことができました。

旅のお話は明日に続くとして


今回は、車で行く日帰り旅を楽しむために
私が使っている小ネタです。

まず、出発は深夜早朝にします。
高速の割引はもちろん
よっぽど大型連休にぶつからなければ
スイスイ目的地まで行けます。

渋滞は体力を大幅に削るどころか
精神衛生上もよくありません。
目的地に付く前に疲れてしまってはしょうがないので
できるだけ回避できる時間に出発すべきです。

あと、深夜のSAPA(サービスエリア、パーキングエリア)もなんともいえない
ワクワク感を味わえます。

更に、観光地のパンフレットや
フリーペーパー、など
割引券つきなども多いのでぜひ
SAPAや道の駅に寄った際には
目を通してみてください。
きっと良い情報があります。

んで
朝ごはんは目的地付近で食べる

食事を目的地で食べるだけでかなり旅の密度が変わります。
3食目的地で食べる勢いで行きましょう。


観光地では、できるだけ現地のサービスを楽しみこと
ここで財布の紐をしめてしまっては
楽しめなくなります。

美味しそうなものがあったら
我慢せず食べましょう(笑)

それに、
観光地も観光客がお金を落として潤ってもらわないといけません。
感動したもの、良い景観など後世に残していくためにも
ここはぜひ贅沢に楽しみたいところです。


一日楽しんだら最後によるのは
温泉(スーパー銭湯)

ここで一日の汗を落としてすっきりします。
旅先でお風呂に入っておくと
帰宅時にそのまま寝れるのでとっても楽です。

あと、渋滞する時間を避けることができるので
負担を大幅に軽減することができます。

大抵の場合、畳の大広間や
ところによりごろ寝スペースがある温泉もあるので
運転手さんはぜひここでひと休みしておきましょう。

まぁできれば、どこかに泊まりたいところですが
なかなか時間が取れないときなど
日帰りで楽しむ旅もなかなか良いものです。


それでは
浄土平の話題は
明日以降に!


以上
秋山でした。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント