FC2ブログ
2010/08/06

Yahoo!Japan検索エンジン 検索対策の行方 

お疲れ様です。
秋山です。

もう一週間以上前のネタになりますが、


Yahoo! JAPANの検索サービスにおけるグーグルの検索エンジンと
検索連動型広告配信システムの採用、ならびにYahoo! JAPANからグーグルへのデータ提供について

http://pr.yahoo.co.jp/release/2010/0727a.html

というニュースリリースが出されました。
ひらったく言うと
YSTをヤメてGoogleの検索エンジンを使うよ
というアナウンス。

ニュースリリースの内容がイマイチ分かりにくかったためか
影響はどうなる?
サービスは?

などざわめいております。

私的にはコネ重視のYSTよりも
実力努力次第でどうにでもなるグーグルの検索エンジンは歓迎です。

とにかくリンクを貰えば良いという質より量的な”SEO対策”よりも
きちっとセオリーどおりに
内部構成を徹底し、最適化し
質の高いコンテンツを提供することで
多くの人から認めてもらうサイトが上位になる
という仕組みはGoogleの検索エンジンのほうが優れているので
それが広がるということは喜ばしいことです。

ただ、よりGoogleの独壇場になってしまうのは
恐ろしいことですけれど・・・



このアナウンスを見る限り
影響があるのは検索結果と広告
特定のキーワードで現れるヤフーショッピングへの誘導は
今まで通り表示されるのでしょう。

とりあえず様子見か
としたいところですが、

先日のヤフーショッピング検索結果リニューアルで
裏側でも実はこっそり変わった内容があります。

それは
ヤフーショッピング検索結果一覧→ストア商品ページ
この→のところに
トラッキング用のURLが入ったこと

今までは直接ストアへのURLだったのですが
この調査URLにより、さまざまなデータ取得が可能になり
今後より精度の高い検索結果になることが考えられます。
(というよりなって欲しいというの切な願いです)


アルゴノーツが提唱する
飛び道具だけではなく
ストアづくりの根幹から最適化を図り
高品質な商品、サービスを提供し
お客様の信頼を得ることで
じわじわと着実に売上伸ばす方法

これが更に力を発揮しそうです。

どんどん頑張っていきましょう!
以上
秋山でした!
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント