FC2ブログ
2014/09/24

【無料】ヤフーショッピング関連キーワード&虫眼鏡キーワード サーチツールのご紹介

お疲れ様です。
ヤフーショッピング関連キーワード&虫眼鏡キーワード サーチツールをリリースしましたので
ご紹介します。
ヤフーショッピング関連キーワード&虫眼鏡キーワードサーチツール


このツールは
ヤフーショッピングの関連キーワードや虫眼鏡のキーワードを収集し、
一覧表示できるサービスです。


関連キーワードというのは
ヤフーショッピング関連キーワード
こちらのことで
例えば、「雑貨」と検索した際に出てくる
予測候補となるキーワードです。

虫眼鏡キーワードとは
ヤフーショッピング虫眼鏡キーワード

こちらは雑貨と検索した場合に
出てくる虫眼鏡付きのキーワードとなります。


それで、このツールを使うと
知りたいキーワードを入力すれば、
ぱぱっと簡単に一覧表示してくれます。

こんなイメージです。
ヤフーショッピング関連・虫眼鏡キーワードを一覧取得


それで、このキーワードがわかると何ができるか??
そう、勘の良い方なら既にお気づきでしょう。


貴社ストアへの誘導経路を増やすことができます。


このキーワードは、複数のキーワードによって
絞りこまれた検索結果です。

単純に「雑貨」というビッグワードで上位に表示できなくても
「雑貨 小物」というキーワードなら、ぐっと上位表示される可能性が高くなります。

もし、「雑貨 小物」に「雑貨 小物 かわいい」
という更に絞りこまれた関連キーワードがあれば、
このキーワードで上位表示されれば、更に集客できる可能性が高くなります。


このツールなら、
どのキーワードに、どんな関連キーワードで絞りこまれているか
簡単の調査することができるのです。




この関連キーワードは、
定期的に内容が変わります。

いち早く、この変化を捉え、検索対策をして
上位に表示できれば、競合件数も少ないので
優先的に集客できるチャンスが増えます。


無料でご利用頂けるプランもありますので
ぜひお気軽にご利用ください。





他にも、自動で情報が更新されたらお知らせしてくれる機能
楽天市場やAMAZONのキーワードを調査する機能
検索対策しやすいようにデータを作ってくれる機能

など、専門コンサルタントのアルゴノーツならではの
アイディアと機能が満載のツールです。


ぜひとも売上アップにお役立てください!
ツールのご利用方法やサービスについて詳しくはこちら

http://argonauts-web.com/service/yahoo/kanrenkeyword/index.html


それでは引き続き頑張っていきましょう!


スポンサーサイト
2014/09/22

ヤフーショッピング ストアカンファレンス2014に参加しました!

ヤフーショッピングストアカンファレンスにアルゴノーツ株式会社がコマースパートナーとして参加

いつもお世話になっております。
アルゴノーツ代表の佐藤です。



去ること9月17日に東京で開催された、
ヤフーショッピングストアカンファレンス2014に
アルゴノーツ株式会社も、コマースパートナーとして参加させていただきました。



カンファレンスにてご挨拶をさせていただきましたストア様、パートナー様、そしてヤフー株式会社の皆様
当日は大変お世話になりました。
この場をお借りして御礼申し上げます。


今回から有料となったカンファレンスですが、
小澤ショッピングカンパニー長の講演からはじまり、
大プレゼント交換会へと実に有意義な一日でした。




さて、具体的な内容については、
個別にクライアント様と情報共有させていただければと思いますが



ぜひ多くのストア様と共有したい情報がございます。

それは今後ヤフーショッピングは更なる高みを目指し、
ヤフーショッピングがみんなに必要とされる
ECのインフラとしての地位を確立すること
これからどんどん伸ばしていくという強い意気込みで望んでいるということです。

また、そのためには出店ストア様の協力も必要不可欠ということです。



ヤフーショッピングの発展…
それはもちろん、ヤフーショッピングのためでもありますが、
なによりも、ECで事業をされている企業様のためでもあります。



もし、ヤフーショッピングが無くなったら…どうなるでしょうか?



今後更に、楽天、AMAZONともに力を持ち、独占状態にしていくほど、
手数料など自らの利益を確保するための都合の良い仕組みに変更していくことも
容易なことですよね。



現に、既にどんどん手数料など出店負担が増え、
それに耐えられないストア様は淘汰されていっています。

これを理由にヤフーショッピングにて新規出店される企業様多く、
アルゴノーツにもご相談頂いております。



もし、ヤフーショッピングがなくなってしまえば、
対抗馬や選択肢が無くなり、まだまだ伸びると言われているECへの参入企業も減り
結果としてECそのものの発展も止まってしまうかもしれません。



そうならないためにも
ヤフーショッピングは身銭を切って
ロイヤリティーフリーへと踏み切り
ヤフー原資のポイントキャンペーンをどんどん行なっているようです。


ヤフーショッピングはお得だ!
ヤフーショッピングでお買い物をする理由付けを築こうとしています。

この理由付けにはヤフーショッピングに出店しているストア様のご協力も必要不可欠なのです。




手数料負担が少なくなった分、少し値段を下げて
ヤフーショッピングは安いと思ってもらえるように。

どうしても価格を調整できなければ自社ポイント原資に充てて頂く。

それも難しければ、
ヤフーショッピングなら欲しいものが買えると言ってもらえるため
できるだけ魅力的な商品を並べられるようにしましょう。


いやいや、他社には真似できない充実なサービスを提供するよ。

それでも良いと思います。



大事なことは関係者一丸となって
魅力づくりと、魅力の伝道師となることです。



ヤフーショッピングはまだまだこれから伸びます。
伸びる前に可能な限りヤフーショッピングで売れるストアを作っていけば
ヤフーショッピングの成長とともに、更なる発展が見込めるでしょう。


これから伸びる方向性は見えていますので
ぜひとも頑張っていければと思います。




アルゴノーツも
専門コンサルタントだからこそできることは何か
今一度改めて考えて、出店ストア様のお役に立てるよう更なるサービス拡充に努めます。


ぜひぜひアルゴノーツもご活用頂ければ幸いでございます。
それでは引き続きよろしくお願い申し上げます。
2014/09/17

ヤフーショッピングのストア更新にGoogle Chromeを使うのはちょっと危険です。

お疲れ様です。
先日もクライアント様から頂いたご相談を元に調査をしておりましたところ
発覚したのですが、

ヤフーショッピングのストア運営ツールである
ストアクリエイターProをGoogle Chromeを使って更新をすると
正常に反映されなかったり、場合によっては登録済みのデータが
消失する恐れがあります。


もともと、ヤフーショッピングのストアクリエイターProを利用する
推奨環境は、マニュアルをみると

■Windows
・Internet Explorer 7.0以降、10.0まで
・Mozilla Firefox(最新版のみ)

とあるので
Google Chromeは推奨されていないブラウザなのですが、
Google Chromeはなんだかんだで便利ですので
ストアクリエイターProの更新などに使われるストア様も多いかと思います。




また、ほとんど正常に使えてしまうので、
小さなエラーが発生しても、Google Chromeによる影響か
いまいちわかりにくい部分もあります。



以下私どものほうで確認したことのある
不具合を紹介します。


■サイドナビカレンダーの内容が消失する。

Google Chromeを使ってサイドナビのカレンダー以外の場所を更新すると
いつの間にか、カレンダーに色を付けた部分など消失していることがあります。



■商品データをクロームで編集するとオプションコードが消失する

Google Chromeを使って商品データの例えば商品名など変更して保存をすると、
それまで入力してあったオプションコードの内容が消失したことがありました。




■商品が検索にヒットしなくなる
こちらもGoogle Chromeで商品を編集保存した際に発生したのですが、

ストアクリエイターProの表面上では
何ら問題なく更新ができているにもかかわらず、
更新した商品をヤフーショッピングの検索結果が正しく認識されず、
どうやっても検索にヒットしないということもあります。





これらは
データの消失などリスクの高い事象もあることから
最新の状態で検証は行なっておりませんので、
もしかすると既に改善されている内容もあるかもしれませんが

やはり、推奨環境ではないことからも、
出来る限りGoogle Chromeの使用は控えられたほうが良いと考えております。




アルゴノーツでは、売上アップのご相談はもちろんのこと
クライアント様が疑問に思われたことにも
可能な限り調査を行い、改善へのお手伝いを行なっております。


専門コンサルタントが御社発展のため、
スタッフの一人としてお手伝いいたしますので
ぜひともご活用ください。


2014/09/10

ヤフーショッピングへの集客方法はどれだけ把握されていますか?

お疲れ様です。

ヤフーショッピングに限らず、ネット通販全般に言えることですが、
WEBサイトへの集客方法、誘導経路は多種多様です。

例えば、ヤフーショッピングであれば、
検索結果からの集客というとてもボリュームの多い誘導経路がありますが、
もちろん、それだけではありません。

これまでもそうでしたが、
EC革命以降、出店ストア数や出品商品が増えた影響で
一つの誘導経路だけではあっという間に他社にシェアを奪われてしまうことが多くなったことからも
幅広い集客経路への対策、対応が求められています。


今回は、数ある集客方法の中から、
一つご提案です。



GoogleやYahoo!JAPANなどの「画像検索」
画像検索は意識されていますか?




特に、ファッションやインテリアなど、
見た目やデザイン重視で探される場合
お客様は画像から探されることも多いです。


また、あれなんていうのかなぁ?
というように商品名がよくわからないような商品を探される際にも
画像検索は使われます。


もしそこに、御社商品がピタッと紹介されたら
お客様は興味を持って御社ストアへ来店してくれるでしょう。



画像検索での集客対策において意識すべき点は2つ

一つは、画像を画像検索へ表示させること
もう一つは、どのように表示されるか意識して
クリックされやすい画像にすること

が挙げられます。



画像検索にヒットさせるために対策方法は
具体的には弊社クライアント様へ個別にご提案させて頂いていますが
検索対象項目にどのようなキーワードを入れるかしっかりと考えることが必要です。

例えば、最初からビッグワードのみでは太刀打ちできませんので
ビッグワード+◯◯といったような、関連検索キーワードを盛り込むことが重要です。

季節商品などこれから需要が見込めるキーワードなどあれば
早めに対応することが大事です。


関連検索キーワードのかんたん調査は
下記のツールをご活用ください。
関連検索キーワード一括調査ツール
http://argonauts-web.com/service/yahoo/kanrenkeyword/index.html



もう一つは、どのように画像が表示されるか意識することです。

画像検索ではまず、サムネイルといって
小さく縮小された画像が一覧表示されます。


この画像でいかにクリックしてもらえるかがポイントです。
例えば、見やすくすること
大きな画像では綺麗に見ても
サムネイルのように小さく表示される場合に
ごちゃごちゃしてしまってはいないか。

あるいは他の画像と差別化すること
全体的に同色の画像が並んだ場合。
埋もれてしまいがちです。

実はこの場合、お客様もどの画像をクリックしようか迷ってしまいます。
逆に目立つ商品があれば、まずはそれから見てもらえることも多いです。

可能であれば、意図的にワンポイント異なる色を入れた
商品画像にするという方法も有ります。



また、今度は上位表示されると
競合他社に画像を勝手に流用される恐れも出てきます。

そうならないように、画像に御社ストア名など、御社であることの署名も入れましょう。
画像がサムネイルで表示された場合にも御社ストア名が表示されることで
ブランド力アップにもつながります。


商品画像に一括で文字や写真を入れるサービスもございますので
こちらもぜひご活用ください。
商品画像一括加工サービス
http://argonauts-web.com/service/imageprocessing/index.html



まずは、自社の商品に関する
主要なキーワードで画像検索をしてみましょう!


今回は画像検索からの集客についてですが、
集客方法はまだまだたくさんあります。
ぜひともご相談ください。

それでは頑張っていきましょう!
2014/09/02

そんなに謝らないでください

お疲れ様です。

アルゴノーツはメールベースでのサービスを提供させて頂いております。
クライアント様から、1日に多くのメールを頂くこともよくあるのですが、


「何度も申し訳ありません」
とお気遣い頂くこともよくあります。


本当にありがとうございます。
でも、謝らないでください!

いつでも気軽に何度でも相談ができることが
アルゴノーツサービスの強みなのです。

一言でも二言でも
どんどんメールをいただければ嬉しいです!


確かに電話ですと…
他のクライアント様もいらっしゃりますので
電話回線が塞がりっぱなしだと、ちょっと問題なのですが、
メールであればそんなことはありません。

しかもメールならコストはかかりません。
思いついたことをどんどん担当のコンサルタント宛てに
ご連絡ください。

喜んでご対応させていただきます。


それではがんばっていきましょう!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。