2013/10/25

ヤフーショッピングのレビューについて願うこと

お疲れ様です。

ヤフーショッピングにもレビューを投稿する機能がありますが

1.商品について書くレビュー
2.ストア全般について書くレビュー

レビューを書ける項目が2つあります。


しかし…
いろいろなストア様やヤフーショッピングを見ていると
どうもこのレビューの違いがお客様に理解されていないことと
上手く使い分けられていない、更には活用しきれていないような気がします。


振り返るともともと、
ヤフーショッピングには2のストアへのレビューしか
レビュー機能がありませんでした。


しかもこの2のレビューは、
あくまでもそのストアにしか表示されないものなので
せっかく良いことを書いてもらえても
見てもらえないというデメリットがありました。



その後1の商品レビューが追加されました。
このレビューは公開されるものですので
商品についてレビューが増えればお客様も商品を選びやすくなり
良いレビューをもらえるようなサービスをしていれば
歓迎できるものなのですが…


これが商品へのレビューということが上手くお客様に認識されておらず、
・ストアへのレビューであったり、
・商品への質問
あるいは
・配送業者へのクレームもこのレビューに投稿されたりします。

あまり良くないケースでは
お客様の名前と住所を書いて、商品が届きません。
なんてレビューがあったりもします。


願わくば、
ストアからレビューへの返信ができること


ストア様の作業負担が増えてしまうことは考えれられますが
適切な対応ができていれば、逆にストアの評価が高まります。

時としてお客様にとっても
ストアにとっても良い結果を招かないレビューに上手く対応できるように
この機能は実装してほしいところです。



これに関連して…
ヤフーショッピング全体をみると
まだまだレビューの数が少ないように感じています。


ヤフーショッピングでは
レビューを書くだけでアフィリエイトに参加することができます。

http://topics.shopping.yahoo.co.jp/promotion/review/

レビューアフィリエイトを紹介しつつ
ストアとしてもお客様にレビューを書いてもらえるよう
積極的に取り組んでいければと思います。







スポンサーサイト
2013/10/17

売れている順デフォルト表示の意義を問う

「売れている順」ライブテストの現状報告があった。

要約してみると
売れている順にしたことで流通総額が下がった
現在はおすすめ順の判定基準を一部導入したことでほぼ同等程度に戻ったのこと。(つまり良くはなってない
そして空注文ストアが摘発されたとのことである。


詳細はストアマネージャーから確認願いたいが…
一体どこから突っ込んでよいか非常に迷うところである。



まずは流通総額低下を認めたこと、売れている順は大失敗だったこと。
いやそれだけではない、確実に売上低下ということで出店ストア様に損失を与えたことになる。

ほとんどのストア様でも売上低下していたので現状はすでに把握していたが
テストという名目でで売上を操作されてしまったらたまったものではないので
これにはもっと怒っても良いと感じる。



そして、「おすすめ順」の要素が追加されたことで流通総額が同等に戻ったこと。
つまりそれはいかに「おすすめ順」が優れていたかがよくわかることとなった。
変える必要はあったのか?


更には、売れている順におすすめ順の要素が加わったことで
売れている順の存在意義が曖昧になった。


単純に「売れている」という数値で判断されるから「売れている順」に意味があるのであって
数値だけではない特別な要素が加われば、もう売れている順とはいえないのではないだろうか。


確かに検索対策をすることで、売れている順でも上位表示されやすくなったが、
それならばおすすめ順をベースにもう少し販売実績の比重を高めたら良いのでは?



商品とのマッチング能力が優れたヤフーショッピングの良さを捨てるのか?

今最も注目され新規出店希望が増えている状況の中で
まずは努力すれば売れる仕組みを提供することが末永い発展につなげられるのではないだろうか。

良い方向に進むことを願うばかりである。



評価したいのは
空注文をしていたストアが摘発されたこと。

出店ストアが増えることで
運営現場の方が今以上に大変になることは明らかだが

ロイヤリティフリーとなり、やったもん勝ちにならないよう
しっかりと力をいれて対応してもらいたいものである。
2013/10/07

ヤフーショッピング、EC店舗の出店料・ロイヤルティーを完全無料に

お疲れ様です。


表題について
本日10月7日、ヤフー会長の孫正義・ソフトバンク社長の発表で驚かれた方も多いのではないでしょうか?

ヤフーショッピング関連で孫正義・ソフトバンク社長が
登壇されることはここ数年無く、これにも驚きました。
そしてやはり孫正義・ソフトバンク社長だからこそ打ち出せる
大胆な施策で、宣伝効果も抜群だったと感じています。



さて、この大胆な施策、出店者の皆様はどのように感じられましたでしょうか?

ロイヤルティーフリー!売れば売るほど儲かる!素晴らしい仕組みだ!

…のようにも感じられますが、

ヤフーが手放したロイヤルティーを一体どのように回収しようとするのか?
ココ、とても気になるところです。



例えば、
出品、出店は無料だが、
「売るのにお金がかかる」仕組みにどんどんシフトしていくのでは…とも考えられます。



「売れている順」ライブテストも既にこの流れを汲んでいるようで
「数が売れていない」と「売りにくい」仕組みになってしまっています。


となると、
「いや~。たくさん売りたかったら、赤字でも値下げしなよ」
「まあそれが無理だったら、優先的に商品紹介する広告あるよ」

という方向に誘導され、
実は今までもよりもコスト高、あるいは収益減になることも考えられます。

間違いなく、広告押しは強まるでしょう。



既存の出店者様からすると
競合は乱立するわ…
捨て身の赤字特価をやられるわ…

今まで以上に、明暗がはっきりし、
状況が更に厳しくなることも予想できます。


もちろん、ストアの売り方や商材によっては
追い風になってくれることも大いに期待できます。


しかし、「買えないものを無くす」と明言している以上
安かろう悪かろうばかりが目立つのではなく、


値段は高いけど、本当に良い品物
ニッチだけど、便利で求められている品物
おお!と気付きになるような品物


これらがしっかりと露出されるような
仕組みを取り入れてもらいたいものです。







改めて、どのような方向に向かっていくのか
競合はどのような動きをしていくのか
どこに力を入れるべきかをしっかり考え、
頑張っていきましょう。

どんな仕様になろうと、
最良の方法を探しだして、やるっきゃないのです。

工夫次第で問題は解決できます。

アルゴノーツも全力でお手伝いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。