2012/02/24

「これひとつ」だけでは売上はなかなか上がらない

お疲れ様です。
秋山です。

売上を伸ばすためには何が必要で何をすべきか
答えはとても難しいです。


まずやるべきことはたくさんあります。
どの対策も不要なものはなく、
すべて実施してこそ、それぞれの対策が生きていきます。

また状況に応じて
優先すべき対策も異なっていきます。

更に、時流とともに、その内容は刻々と変化していきます。


その時にご提案させていただいたことは
ぜひ実践していただきたい!

というのが本音ですが、
どうしても難しい場合は代案をご用意するのも
コンサルタントの役割です。

どんどんご相談を頂き
良いストアづくりのお役に立てれば嬉しく思います。


以上
秋山でした。

スポンサーサイト
2012/02/13

顧客対応は本当に難しいですね

お疲れ様です。
秋山です。

ネットショップを運営していると避けて通れないのが
顧客対応です。
地域を問わず、多くの方とコミュニケーションを取れるという
大きなメリットの反面

時として、精神誠意、適切な応対をしているのに
いわれのないクレームを受けてしまう
そんな事態に遭遇することもあります。


非常に悲しいことではありますが、
客商売に限らず、
人と人とのコミュニケーションにおいて
どうしても思いのズレは少なからず発生してしまうことがあります。

こちらとしては、精神誠意応対していても
その思いが伝わらず
「お前が悪い!」の一点張り…

このような場合は非常に残念ではありますが、
適切な対応した後、過剰な後追いはせず
早々に割り切って気持ちを切り替えることが大事だと考えております。


世の中には多くの人がいます。
あまり考えたくないことですが、
中には悪意を持って接してくる人もいます。

些細なことに難癖をつけて過剰なサービスを要求する
悪質なクレーマーが存在します。

とにかくゴネてゴネて文句を言われてしまうと
お店としても対応が面倒になってしまい、
何かおまけをしてでもクロージングさせてしまいたくなってしまいますが
それはあまり良い対応とは言えません。

なぜなら、その悪質なクレーマーはそれで味を占めて他所のお店でも
同じことをするでしょう。

また、もしその時には全く悪意が無くても、味を占めて悪質なクレーマーへ
変貌させてしまうかもしれません。



「お客様は神様」と言われますが、
これは商売をする側が自分に戒めて使う言葉であり、
お客様だから何をしても良いというわけではありません。


売る方も買う方も気持ちのよい取引ができるよう
思いやりのあるコミュニケーションができれば…と願っております。


以上
秋山でした。
2012/02/04

アルゴノーツ公式フェースブックページオープンしました

お疲れ様です。
秋山です。

実は結構前から作っておりましたが
先日アルゴノーツ公式フェースブックページ公開のご案内をいたしました。

アルゴノーツ公式フェースブックページ
アルゴノーツ公式フェースブックページ

フェースブックページは作るのは簡単
難しいのは…価値あるコンテンツにすることです。
(すべてに共通しますが…)

クライアント様にもフェースブック開設のご提案をしておりますが、
まず最初に行いたいのは
コミュニケーションを楽しむこと

ネットショップの強みは
全国、いや全世界のお客様と直接コミュニケーションをとれることです。

効率良く行えば、実店舗のお客様への接客よりも
詳しく濃いやりとりをすることも可能です。

お客様との密なコミュニケーションで
どんどんファンを増やして行きましょう!


ちなみに、アルゴノーツフェースブックページでは
いいね!をクリックしていただくと
ささやかな特典をご用意しております。


以上
秋山でした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。