FC2ブログ
2011/04/29

GW中の営業についてのご案内です。

お疲れ様です。
秋山です。

GW中の営業についてのご案内です。
http://argonauts-web.com/news/2011GW.html


例年大型連休は
アクセスが下がる傾向にありますが
今年は少し状況が異なりそうですね。

それでは
よいGWをお過ごしくださいませ

以上
秋山でした。
スポンサーサイト
2011/04/28

Rockafeller Skank by Fatboy Slim

お疲れ様です
秋山です。

おかげ様で鼻水が出るくらい忙しいです
…いえ、疲れると鼻水が出てきてしまうタチなのです(涙)
花粉症が手伝って、それはひどいことに(笑)

お薬を飲むと
しゃきっと鼻水が止まるのですが
副作用で喉が乾きすぎて夜は辛い

なかなか不便です(笑)

そんなわけで久しぶりにレコメンドミュージック

Rockafeller Skank by Fatboy Slim


サラリーマンが主役のテレビ番組の
オープニングで使われていたのが懐かしいですね

以上
秋山でした。
2011/04/26

震災の影響で売り方や売れるものが変わっている

お疲れ様です。
秋山です。

震災の影響でネットで物が売れなくなった?
なんて質問を頂きますが、その限りでは無いと感じています。

確かに
売れ方、売れる商品はかなり変わってきています。

震災前は物が溢れ飽和気味だった市場の
ニーズに応えるため、付加価値を提案すること
専門性が高いことが非常に重要でした。

しかし、今は商品調達力がモノを言う
専門店も大事ですが、多用なニーズに応えることができる
何でも屋さんにとっても非常に有利な状況になっています。

もちろん、専門店がいきなり何でも屋さんになることは
難しく、危険ですが、
常に商品調達ルートは開拓していくことが重要ですね。


以上
秋山でした。

2011/04/21

Yahooショッピング SEO対策にも自信があります

お疲れ様です。
秋山です。

アルゴノーツの人気サービスの一つでもある
ヤフーショッピングのSEO対策

おかげ様で大好評です。


実力を多くのクライアント様や
検索エンジン様にも評価していただき

「ヤフーショッピング SEO」 と検索すると
アルゴノーツが一番上に出てきます。
(環境によっては異なる場合があります)

ありがとうございます!


もともと一般のWEBのサイトのSEO対策などの技術ノウハウも
売りの一つなので
自分のところのWEBサイトを上位にできなくてどうする?
と身を持って実践しているのですが、

1位表示はありがたいことです。
本当にありがとうございます。


皆様からご支持を頂いているだけあり
ヤフーショッピングのSEO対策には自信があります。


とにかく長いことヤフーショッピングを見続けてきたこと
その過程で得たノウハウを使って対策をして
効果検証を繰り返し、最適化をしていくというスタイルですので
かなり高い精度で効果を得ることが出来ます。
(故に時間がかかる場合もあります)


いくら広告を使っても駄目だったのに
アルゴノーツさんにお願いしたら一気に飛躍しました!
というありがたいお言葉まで頂戴しています。

クライアント様に喜んでもらえるのが一番嬉しいです。

広告もうまく使えば非常に有用なツールです。
ですが、どちらかというと
一定の形を大量に発信するもの

私どものスタイルは相手に合わせて形を変えるスタイル。

広告の様に爆発的な威力はない場合もありますが
総じてジワジワ効くことも多いです。



常に一番でいられるよう日々努力を続けていますが
私どものサービスが欠点無しで
最強!まちがいなし!と思い上がるつもりはありません。


他にも様々なサービスが提供されていますので
ストア様のご要望にあったサービスをご選択いただければ幸いでございます。


多くのクライアント様に喜んでいただけるよう
もっともっと頑張ります

以上
秋山でした。
2011/04/16

ネットショッピングに需要がシフトしてきた?

お疲れ様です。
秋山です。

震災以降大きな変化を余儀なくされた
お買い物需要ですが
ネットショッピングの需要は伸びてきた?
傾向を感じています。

もちろん商品的な需要は大きく転換し
今までとは売れる商品が異なっています。

ネットショッピングにシフトしてきた
傾向として考えられるポイントがいくつかあります。


一つは電力不足による
リアル店の営業時間の変化です。

電力不足のために営業時間が切り上げられ
早く閉まってしまうので買いに行けないため

また、物流の停滞により
お店に行ってもモノが無い
(あるいはモノが無いんじゃないかというイメージによりお店まで足が伸びない)
ということも考えられます。



もう一つは外出を控える傾向にあるからと考えています。
先の通り電力不足で街やお店の明かりが暗くなっているため
外出を控える傾向にあります。

また相次ぐ余震も影響します。
いつ起こるかわからないのでできるだけ安全なところにいたいという
心理が働きます。

更に原発事故が発生し
なんだかわからないけど(わからないから)外出はやめておこう


それでも必要なものは買わないと行けないので
家で注文できるネットショッピングに需要が傾いている
と考えられます。

変化する需要に対応できる
お店づくりがとても重要です。


ところで
復興増税が話題になっていますが…

どこかで聞いたような文句を拝借すると
個人的に「ただちに」増税は反対です。

復興にお金が必要なのはわかりますが
この状態で巻きあげたら購買マインドが更に低下して
より一層景気が悪くなります。

逆です、補助金や控除などで
少なくとも1~2年くらいはお金を使いたくなる
状況にすべきです。

「ただちに」反対なのは
予算としてではなく、経費として徴収してほしいこと

「まあたぶん○兆円ぐらい必要なんじゃない?だから増税するよ」
ではなく

「これだけ使ったから必要なんです。その分増税するよ」
それならまだ納得できます。


ただでさえ暗いムードなので
それを払拭するためには思い切った
逆転の発想も必要ではないかと思います。


以上
秋山でした。
2011/04/13

東日本大震災の地震発生 震源を回数や時間帯別に集計

お疲れ様です。
秋山です。

アルゴノーツでは
クライアント様に毎月ご提案をさし上げております。

ご提案の時に重要な指針としているのは
統計情報のデータ

これをじっくりとみながら
問題点や伸ばせるポイントを探し出すことも
ご提案の際には重要な私の役割となります。


過去のデータ
現在のデータ
それらをつなぐと
傾向をつかむ事ができ
ある程度先のことも見えてきます。

それらの情報に加えて
ヤフーショッピングでの現在進行形の豊富な情報を
組み合わせてご提案を差し上げています。


これをずっとやっているせいか
一定のフォーマットのデータをみると
何かしら傾向があるのではないかと
調査してみたくなる職業病になってしまったような気がします(笑)




さて、今回の震災
一ヶ月も過ぎたのに
まだ揺れてます。
(あれ…また地震ネタが始まった?)

ただ、どうもこの地震
特定の時間帯ばっかり大きい地震が来るなど
なんだか分かりやすい傾向があるなぁと
ずっと気になっていたので
休憩時間を利用してちょっと調査してみました。
傾向がわかれば不安も和らぐことを期待して…


Yahoo!天気情報の地震情報は
とても使い勝手が良く1000件分のデータを見ることができます。
http://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/earthquake/

そのデータを基に
2011年3月9日 13時01分ごろ~
2011年4月12日 22時18分ごろまでの
データを集計してみました。

このデータの様に公開されている
一定のフォーマットのデータなら
ほんの数分で集計できてしまうから
凄い時代だなぁと思います。
(パソコンも凄いけど、これだけの情報を簡単に取得できるのが凄いですよね)


まず震度(最大震度)別です。
sindobetu1.gif

わずか一ヶ月の間に
震度5弱以上が45回も発生しているのに驚きです。
(ちなみに不明は合計に入ってません
期間中に発生した日本中全ての地震が入っています)

続いて時間帯別の集計です。
zikantaiall2.gif

こうしてみると
まあ平均的にどの時間も揺れまくっているのですが…

zikantai5u.gif


震度5弱以上のみをピックアップすると
強い地震は朝と夕方に集中している傾向があります。

しかも、この表だけではわかりませんが
3時~5時に発生した1~2回の地震をみると
どれも3月12日に発生した
新潟県中越地方地震の記録のみですので
(もっと過去のデータはこちらで見ることができます)

こうしてみると夜中は比較的活動が少なく
ちょっとは安心して寝れるかな??なんて自分に言い聞かせたりもできます。

このことから
おそらく強く印象に残るような
震度5弱以上の地震が
比較的同じような時間に定期的に来ているもんだから
似たような傾向と(私は)感じているのだと思います。

~4月13日10時追記~
10時の一回は
2011年3月14日 茨城県沖 5弱
10時の一回は
2011/3/16 千葉県東方沖 5弱
です。

2011年4月13日10時8分にも
茨城県北部 震度5弱 (震源は福島県浜通り)が発生
ちょっと似てる周期?
~~~~~~~~~~

最後に日付別に地震の回数を
表にしました。
hidukebetu.gif
回数は全ての震度を集計しています。
右は5弱以上の地震を時間順に並べています(左のほうが早い時間)

こうしてみると1~2日ガツっと揺れて
2~3日休んで
また揺れて…という流れを繰り返し
10日辺りでやっと静まってきたかな?
と思ったら
また11日にちょっと弱くなったけど振り出しに戻る
という傾向とも考えられます。
3月も4月も11日12日の前日比が似たような数値なのも
不思議なデータです。

この周期でいくと
あと1日揺れるか揺れないか程度で
それを乗り切れば2~3日休んで、またちょっと揺れだす?
という流れになるのかな?
なんて考えましたが・・・

正直なところ、
地震の予測はさっぱりできません…。



ネット通販であれば
データは人の流れなので
意思があります。

それもある程度は共通した人の意思なので
予測もしやすいです。

ですが、相手が地震となると
何考えてるかちっともわかりません(笑)


やはり地震が来ると想定して準備をし
どのように行動すべきか対策を立てておくことが重要でしょうか
(あとは地震が来ないことを祈るばかり)

装備が心もとないので物流が落ち着いたら
手元に無い防災用品を少しずつ揃えようと思います。


1日も早く落ち着いた状態に戻りますように


以上
秋山でした。


※今回のデータは地震に関して全くの素人が
まとめたものなので信ぴょう性は定かではありません(笑)
2011/04/12

震災から一ヶ月が過ぎ・・・

お疲れ様です。
秋山です。

震災から一ヶ月が過ぎ
やっと余震も収まってきたと書きたかったのですが
未だに余震とは言えないレベルの地震が続いています。

なんだかもう常に揺れているような感覚です。


次に大きな地震が来たらどうしよう
寝ている時に地震が来たらどうしよう

仕事以外の時は地震対策についてばかり考えてしまっています。
ブログのネタも地震ばかりです(笑)
これについてはネタはたくさんありますが
そればっかりでもアレなので自粛してます


それでも街は平常どおりに戻そうと
動いているので日本人って凄いと感動してます。


一時期、防災用品や食料しかラインナップされていなかった
ランキングもだいぶ落ち着いてきました。
http://shopping.yahoo.co.jp/ranking/1/?period=weekly&gender=all&generation=all

それでも震災前後で需要が変わっている傾向があります。
需要に合わせて売り方も見直す必要があります。


否応なく転換期を迎え
対応が迫られていますが
やるっきゃないとがんばっていかないといけませんね!
がんばります。

以上
秋山でした。
2011/04/07

大きな大きな転換期がやってきた【2】

お疲れ様です。
秋山です。

続きです。


メールがビジネスにおいて効率のよいツールと考える理由として

大きくは3つ
■無駄を省くことができる
■処理できる仕事量を増やすことができる
■時間の壁を超えることができる


まず
■無駄を省くことができる
については

前述のように聞き手に回る時間や
相槌の時間
話がまとまらなかった電話分の時間ロス

これは時間に関する無駄を省くことができる

更には、
文章として記録が残るので
記録の手間が省けること
確認の手間が省けること
言った言わないのトラブルも防げることも
無駄を省く事につながる



つづいて
■処理できる仕事量を増やすことできる
について

速読が脚光を浴びているように
一般的には耳で処理するスピードよりも
目で処理するスピードのほうがずっと早い

また、ほとんど場合一度に聞ける人の話は
一人ががよいところ
だが文章になれば一分で何通ものメールを見ることができる。
一度に内容を咀嚼できずとも、概要を知ることはできる

概要をしれば優先度をつけることもできるし
返信を書きながら、別のメールの返信を考えることもできる。


最後に
■時間の壁を超えることができる
について

相手がその時にいなくても伝えることができるので
いつでもやりとりができる
また、相手の時間を奪うことも無くなる

これは特に海外のクライアント様とやりとりをするときに実感する。




もちろんデメリットもある
大きくは2つ
■ちゃんとメールが届いているか?あるいは読まれているか?
■ちゃんと意思が伝わっているか?
である


■ちゃんとメールが届いているか?あるいは読まれているか?
これについては
こまめな確認が必要と連絡系統を複数用意しておくことが重要だ。
メールサーバーの不具合で送信できない場合があるので
例えば3営業日経っても返信がなければ
ケータイのアドレスにメールをするなど
日頃から頻繁にやりとりをしていれば
返信が遅いことにも気が付きやすい

2つ目
■ちゃんと意思が伝わっているか?
これが一番重要である
いや、これは電話でも同じことなのだが

相手(読み手)を意識して
どういう言葉を使えばわかりやすいのかを
常に考えて書く必要がある

そしてわからなかったことは
そのままにしないで必ずもう一度聞く

聞き方にもポイントがある
「○○がわかりませんので教えてください」
と聞いても何がわからないのかわからないので


○○について、■■ということだと解釈したのですがそれで良いでしょうか?
また、▲▲部分について●●がわからないので教えてください。

という様に具体的に質問をすることで
一回の返信で疑問をほとんど解消することができる。



即応性という面では電話のほうが有利な場合も多いが
内容や効率化、相手の状況を考慮するとメールのほうが
秀でていると考えている。


アルゴノーツではこの理由から
メールベースでのサービスを徹底し
高品質で低価格なサービスをできるだけ多くのクライアント様に
ご提供できるよう努力を続けている

電話代という実質的なコストカットにももちろん貢献しているが
それ以上にメリットのあるスタイルである。


もちろんメールが万能というわけではなく
使い方や使う人のリテラシーで大きく変わってくる。



最後に、本稿は
人と直接会って話すことが悪いことやデメリットとして捉え
時間の無駄という考えでは全くないことをお断りしておく
今までの慣習を否定するものではなく、
現在進行形で変化しているという趣旨の内容である。


いくらテレビ会議が進歩しても
実際に会って話すに勝るものはない。

様々な会話、雑談
ご飯を食べながら、
酒を酌み交わしながら
話をすることはとても重要で
それにこそ比重をおいたほうがよい


あくまでもメールは
効率良くプロジェクトを進めていく手段
ビジネスコミュニケーションをとる手段
に適しているに過ぎない。


無駄に気づいて効率を良くすれば
もっと仕事ができるかもしれない
あるいは余暇を増やせるかもしれない。

そんな提案である。


以上
秋山でした。
2011/04/06

大きな大きな転換期がやってきた【1】

お疲れ様です。
秋山です。



電力不足の影響で
在宅勤務やサマータイムの導入を検討をするなど
働く場所や時間など、働き方を見直す動きが増えてきた。

http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20110403-OYT1T00379.htm

いや、余儀なく見直すことを迫られているといったようである。


近い将来そうなるであろうと見込んでいたが
さすがにここまで急を迫られる状況になることは予想外だった。
それでもやはりその方向へ進んでいると感じることとなった。



アルゴノーツではサービス開始当初から
非対面、メールベースでのサービス提供を続けてきた。
これを徹底すればどこでも仕事ができる。

クライアント様がネットショップのオーナー様ということもあるが
パソコンで行う仕事はパソコン内で完結する
このことから今後
ビジネススタイルが変化していくと見込んでいたからだ。
そして更にクラウド化が進むことでこの変化は加速していく。


パソコンで仕事が全部完結すれば
ネットワークのつながる場所ならどこでも仕事ができる

今オフィスで行われているデスクワークの
ほとんどは、そこでやらなくても良いものだ。
そしてそれ以外の仕事も今後かなりWEBに持っていくことができる



どこでも仕事ができれば都市に人が集中する必要は無くなる
通勤に必要なエネルギーも減らすことができる
災害時のリスクも減らすことができる
突き詰めれば時間の概念も突破し
各々が好きな時間に働ける超フレックスタイムも実現する

もちろんこれらがすべて変化しゼロになるということはない。
ただし、多様化されることで集中するということはなくなる


今までそうじゃなきゃできないと思われていた慣習を
いや、多くの人が実は必要ないんじゃないかと気がついていることを
改めて見直し、実際に挑戦することで
新たなモデルとして今後の発展に役に立つこともアルゴノーツの役割の一つと考えている。


(改めてこのスタイルにお付き合いいただいているクライアント様に御礼申し上げます)


この通信網が発達した現代で
大変な思いをして満員電車に乗る必要があるのだろうか?
都市で働く必要があるのだろうか?
このオフィスに来て働く必要があるのだろうか?

そしてビジネスシーンにおける
電話と会議が実は結構無駄の多いモノなんだと痛感した。


このような思考に至ったのは
会社員としてある企業のお世話になっていた頃の経験がある

この企業は全国、世界に拠点があり
当時としては比較的先進的なテクノロジーだった
テレビ会議システムを使っての会議もよくしていた。

テレビ会議システムを使えば
世界中の人とさも対面しているかのように会話をすることができる。
凄い!画期的!シビれる!と思ったものだ。


しかし…会議の内容はあまり大したものではなかった。
要はどんなテクノロジーを使おうが
会議の仕方や参加する人のリテラシーを高めないことには
意味が無い。



メールベースにこだわっていることにも意味がある
電子は付いたが古くから使われている手紙というものは
ビジネスシーンにおいて、特にプロジェクトを進めていくツールとして
非常に優れたツールであると考えている。


声を双方向でリアルタイムに届ける電話というツールは
使い方によっては有用であるが

書くことよりも簡単な声を発するということで
手軽に扱える分、無駄が多く、
うまく使い切れていないと考えている。



まず、いつなるかわからない電話を気にしながら
集中力を切らさず仕事をするのは非常に難しい。

また電話をするということは
その時行っていた作業を一旦停止することになる。
どんな優れた自動車でも100km/hに達するまでの時間を要するのと似たように
再び再開した時に、電話前のモチベーションをすぐに取り戻せるは限らない。




実は電話中にも小さな無駄がたくさん潜んでいると感じている。

ここで
ちょっとしたやりとりの例を

Aさん「もしもし、A社のAですがお世話になっております」
Bさん「あーどうも~お世話になっております。」
(相手が話している間は聞くことしかできない)

Aさん「あの、例の案件についてなんですが・・・今お時間いいですか?」
Bさん「え~と・・・。あ~はいはい大丈夫です」
(相槌やえ~という時間の積み重ねがロス)

Aさん「えー実は○○が■■になりそうで、・・・なんですがいかがしますか?」
Bさん「ちょっとすぐに答えはでないなぁ・・・資料はある?」
(突然相談されてもすぐに答えが出ない場合が多い)

Aさん「あ、ではデータがありますのでまたメールします」
(結局メールをすることになる)

Bさん「はい、よろしくお願いします。詳細はメールで」
Aさん「はい、それでは失礼します~」


…さすがにちょっと誇張しているので
この人達はビジネスパーソンとして
大丈夫か?と心配になってしまうが
日常のやりとりで結構似たようなことがあるはず。



多くの場合は電話をしたことで満足してしまっているのである。



うまく回っていない会議に遭遇すると
もっとひどい事になる。

誰かが話している間は聞き手に回る必要がある
それが一対一ではなく一対参加者になる。


そして会議では何か意思決定することが望まれる

君はどう思う?と聞かれて
ふと発した意見が採決されてしまうかもしれない。

だが、多くの場合クリエティブな発想は
会議からは生まれてこない。
仕事中を含め日常のふとした瞬間に訪れるものだ。


時間を使って会議をすることが目的になってしまっている。



電話応対が仕事なら別だが
案件の打ち合わせ等に使うツールとしては
やはりメールが最適だ。


メールがビジネスにおいて効率のよいツールと考える理由として

大きくは3つ
■無駄を省くことができる
■処理できる仕事量を増やすことができる
■時間の壁を超えることができる


……
長くなってしまったので続きは次回!

以上
秋山でした。
2011/04/05

遅れを取り戻せ!

お疲れ様です。
秋山です。

新年度に入り、
新規のクライアント様からの
お問い合わせもますます増えてきました。
ありがとうございます!

月なみですが
売上を伸ばす一番の要因は
「やる気」です

やる気のあるストア様からの
お問い合わせが増えてくると
更にヤフーショッピングが発展し
ネットショッピングが発展していく
と感じていますので
私も更にがんばらねば!と奮い立たされます。


震災の影響で
ご提案など若干遅れがでてしまっていますが
できる限り早く遅れを取り戻せるよう
がんばっています!

以上
秋山でした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。